【アカセカ攻略】=甘えん坊なヤタ坊必見!!=★6『ヤタガラス』(装い:深き愛は蝶が散るまで)[陰覚醒]ステータス&男子物語


★6『ヤタガラス』(装い:深き愛は蝶が散るまで)【陰覚醒】


所属国
古の国
レアリティ
★★★★★★
属性
攻撃種別
魔法
レベル
70
上限解放
4回
コスト
13
攻撃
834
HP
1379
回復
690
スキル
迅風の救済
(火/光/闇→風珠に4コずつ変換+珠を14コ消す)
隊長スキル
黒色に染め上げて
(風属性の攻撃力30%/回復力15%アップ)

※レベルは上限解放前の最大値
※攻撃・HP・回復はLv.70時の値


陰覚醒後台詞(※一部抜粋)


あいさつ-陰-1薬欲しさに我を忘れるなど、人間は本当に愚かですネ
あいさつ-陰-2貴女を見ていると…なぜこんなにも胸が痛むのでショウ…
あいさつ-陰-3 嗚呼…貴女が欲しくて堪らナイ…貴女はもう、ワタシのものデス

※あいさつ2は男子物語(陰)第8話を、あいさつ陰3は最終話を読むと解放される。


陰覚醒後の男子物語


【第七話】「口にされた妙薬」

妙薬のうわさを聞きつけ集まってきた女性たちの目の前で、ヤタガラスは妙薬を一気に飲み干してしまう。
それを見た女性たちは諦めたように去って行ったが、ヤタガラスの方は具合が悪そうだ。
主人公が心配すると、ヤタガラスは主人公にその理由を問う。
「大切な仲間だから」と答えると、ヤタガラスの表情はわずかに曇り――?

 ↓

【第八話】「妙薬の効果」

ヤタガラスの身体を案じた主人公は、森に帰ろうとする彼を引き留め、自分が泊まる宿に連れてきた。
熱があるのではと彼の額に触れると、ヤタガラスは唖然とした表情で主人公を見つめる。
そして彼は『なんだか…突然、胸が苦しくなってきましタ…』と言い――!?

 ↓

【第九話】「甲斐甲斐しい看病」

布団にヤタガラスを寝かせ、彼のためにおかゆを作った主人公。
するとヤタガラスは、食べさせて欲しいと甘えてくる!
その後食事を終え、寝息を立て始めたヤタガラスを見つめていると、不意に彼が目を覚ました。
起こしてしまったのかと傍を離れようとすると、ヤタガラスは引き留めるように手を伸ばしてきた。
そして、添い寝までせがんできて――!?

 ↓

【最終話】「色に染める」

ヤタガラスに添い寝をしつつ、いつの間にか自分も寝てしまっていた主人公。
ふと目を覚ますと、ヤタガラスに抱きしめられていることに気づく!
どうやらヤタガラスも起きているようだが、主人公に触れるその手は段々と大胆になってきた!
戸惑う主人公の一方で、ヤタガラスは、”胸が苦しくなる”ほどの主人公への想いを吐露し、さらに主人公の身体をきつく抱きしめてきて――!?

© GCREST, Inc. 

スポンサーリンク



スポンサーリンク