【アカセカ攻略】=事件オタクの天才推理小説家=★3『江戸川乱歩』(装い:巫女との出会い)ステータス&男子物語&陽覚醒/陰覚醒


★3『江戸川乱歩』(装い:巫女との出会い)
(CV:平川大輔)

所属国
現の国
レアリティ
★★★
属性
攻撃種別
魔法
レベル
40
上限解放
4回
コスト
5
攻撃
568
HP
388
回復
336
スキル
推理の時間
(水/闇珠を6コずつ消す)
隊長スキル
解決の糸口
(水/闇属性の攻撃力10%アップ)

※レベルは上限解放前の最大値
※攻撃・HP・回復はLv.40時の値


人柄考察

事件大好き!元探偵の天才推理小説家
その類まれなる推理力は、警察も頼りにするほど。
常に難事件を追い求めているが、貴女と出会ったことで、初めて迷宮入りの”感情”を知る…!?


台詞(※一部抜粋)


あいさつ-朝-
あ~あ、朝から大事件でも起きないかなぁ…って、冗談だよ冗談
あいさつ-昼-
お昼時だね、頭を休めるために、甘めの紅茶でも淹れようか
あいさつ-夜-
今日も一日平和だったね。いいことなんだけどやっぱり事件が欲しいよ事件が!
あいさつ-覚醒前-1
なに?事件?どんな難事件でも大歓迎さ!
あいさつ-覚醒前-2
はぁ…事件が起こらないと僕、やる気がでないよ…
あいさつ-覚醒前-3
もしかして、構って欲しいんじゃない?当たりだろ、これくらいすぐわかるって
詳細画面-覚醒前-
探偵とよく間違えられるけど、僕はただの推理小説家だよ
仲間画面こんなところに来てどうしたんだい?もしかして、事件!?
強化時
また一つ、これで水力が高まったかな
技発動時-覚醒前-
うつし世はゆめ、よるの夢こそまこと


入手方法

ガチャ


覚醒条件

★3『江戸川乱歩』(装い:巫女との出会い)のレベルを40まで上げる
★3『江戸川乱歩』(装い:巫女との出会い)の物語を4話読む
お神酒(上)x2個
お神酒(並)x1個
紫水晶(中)x2個
紫水晶(小)x2個
小判100,000枚

★3『江戸川乱歩』(装い:巫女との出会い)の物語


【始まりの物語】「事件を求めて」

現の国。
街中で乱歩と出会った。
乱歩は作品作りに行き詰まり、事件を求めて街を探索していたらしいが――?

(選択肢はなし)

 ↓

【第一話】「事件を探して」

小説のアイデアの礼にと、乱歩の屋敷に招待された。
廊下を歩いていると、女中が慌てて飛び出してきた。
客用のカップが見当たらないという彼女の話を聞いた乱歩は推理を始め、見事にカップのありかを突き止めるのだった――。

<選択肢>
……… ⇒ 陰+7
すごいんですね ⇒ 陽+7

 ↓

【第二話】「本音は隠せない」

捜査協力のため、迎えの警察官に案内され、文学賞のパーティー会場にやってきた乱歩と主人公。
乱歩曰く、”最優秀賞受賞者に贈呈されるネックレスを奪う”という予告状がきたのだという。
乱歩は、絶対に犯人を捕まえて見せると意気込むが――?

<選択肢>
面白いものを ⇒ 陽+10
怖い事件以外で… ⇒ 陰+10

 ↓

【第三話】「お待ちかねの事件」

予定通りパーティーは進行していた。
しかし、突然遠くからガラスが割れる音が響き渡り、人々がざわめきだす中、乱歩は意気揚々と現場に向かう――!

<選択肢>
すぐに後を追う ⇒ 陽+12
ためらう ⇒ 陰+12

 ↓

【第四話】「信じてくれる人」

(☆スチルあり)

ネックレスが盗まれて数時間後。
警察の捜査の甲斐もなく、決定的証拠は一向に見つからない。
主人公も事情聴取を受け、事件当時のアリバイを証明できず疑いをかけられる。
乱歩は主人公を庇うが、主人公は容疑者の一人として別室に閉じ込められてしまう――!

<選択肢>
迷う ⇒ 陰+14
引き受ける ⇒ 陽+14

 ↓

つづきは覚醒後!


スポンサーリンク




陽覚醒後


※随時追記予定


陰覚醒後


★4『江戸川乱歩』(装い:巫女との出会い)【陰覚醒】


所属国
現の国
レアリティ
★★★★
属性
攻撃種別
魔法
レベル
50
上限解放
4回
コスト
5
攻撃
781
HP
473
回復
391
スキル
楽しい推理の時間
(水/闇珠を8コずつ消す)
隊長スキル
解決の突破口
(水/闇属性の攻撃力15%アップ)

※レベルは上限解放前の最大値
※攻撃・HP・回復はLv.50時の値


陰覚醒後台詞(※一部抜粋)


あいさつ-陰-1
事件の匂いを嗅ぎつけたら、たとえ深夜でもすぐに駆けつけるつもりだよ
あいさつ-陰-2
完全犯罪って可能だと思う?僕は、不可能だと思うんだよね
あいさつ-陰-3
初めて出会った迷宮入りしそうなものが、この感情だなんてね…
詳細画面-陰- この事件への熱意をなくしたら、僕にはなにが残るのかな?
陰覚醒時 たまには、運動も大事…かな?
技発動時-陰- 百聞は一見に如かずってね

※あいさつ2は男子物語(陰)第5話を、あいさつ陰3は最終話を読むと解放される。


陰覚醒後の男子物語


【第五話】「犯人との遭遇」

ネックレスは見つかっていないが、パーティーは再開された。
主人公が外の風に当たろうと廊下を歩いていると、曲がり角で小走りの男性とぶつかり、拍子に、光る何かが落ちた。
拾ったそれは、盗まれたネックレスで――!?

 ↓

【最終話】「恋の謎かけ」

事件は解決した。
乱歩は自宅で功労会を開き、鴎外たちと共にワイングラスで乾杯する。
主人公が乱歩の活躍を称えると、乱歩は、犯人を許せなかった本当の理由を語りだす――!

© GCREST, Inc. 

スポンサーリンク



スポンサーリンク