【アカセカ攻略】=好きな子ほどちょっかい出す系天才剣士=★3『沖田総司』(装い:巫女との出会い)ステータス&男子物語&陽覚醒/陰覚醒


★3『沖田総司』(装い:巫女との出会い)
(CV:豊永利行)

所属国
幕の国
レアリティ
★★★
属性
攻撃種別
物理
レベル
40
上限解放
4回
コスト
5
攻撃
638
HP
346
回復
346
スキル
猛者の剣技
(火珠を3コ爆発珠に変換)
隊長スキル
いたずらな天邪鬼
(火属性の攻撃力15%アップ)

※レベルは上限解放前の最大値
※攻撃・HP・回復はLv.40時の値

人柄考察

とにかくいたずらが大好き。
気に入った相手にはちょっかいを出しまくる。
(好きな子をいじめるタイプ)
天才剣士で腕はたつが、病を患っており時折咳き込むことも。


台詞(※一部抜粋)


あいさつ-朝-
朝の見廻りなんて面倒だよ…誰か代わってくれないかな?
あいさつ-昼-
お昼ご飯食べたいの?僕の食べ残しでよければあげるけど~
あいさつ-夜-
明日はどんないたずらをしようかなあ…って考えながら寝るのが、日課なんだ
あいさつ-覚醒前-1
最近、近藤さんに稽古つけてもらってないなあ…
あいさつ-覚醒前-2
あ、肩に蜘蛛が!――って嘘に決まってるじゃん
あいさつ-覚醒前-3
面白い反応をされると、何回も構いたくなるよねー
詳細画面-覚醒前-
新選組一番隊、沖田総司。よろしく
仲間画面来るってわかってたら、いたずら仕かけといたのにー
強化時
力が湧いてくる…まだ、戦える!
技発動時-覚醒前-
こういういたずら、好き?


入手方法

初期男子、ガチャ


覚醒条件

★3『沖田総司』(装い:巫女との出会い)のレベルを40まで上げる
★3『沖田総司』(装い:巫女との出会い)の物語を4話読む
お神酒(上)x2個
お神酒(並)x1個
紅水晶(中)x2個
紅水晶(小)x2個
小判100,000枚

★3『沖田総司』(装い:巫女との出会い)の物語


【始まりの物語】「いたずらの一環」

幕の国。
森の中で迷子になりつつ見つけた祝詞を唱えると、新選組の羽織を纏った男性が現れた。
すると彼は突然腕の痛みを訴えて――!?

(選択肢はなし)

 ↓

【第一話】「その外見とは裏腹に」

ある日。
総司を助けた礼にと、屯所に招かれた主人公。
総司の淹れてくれた茶を飲むと――!?

<選択肢>
忙しいのに、ごめんね ⇒ 陰+7
招いてくれてありがとう ⇒ 陽+7

 ↓

【第二話】「いつものいたずら」

翌朝。
屯所に泊まった主人公は、外の騒がしさに目を覚ます。
襖を開けると、総司が新八に追いかけられていて――?

<選択肢>
私じゃない! ⇒ 陽+10
嘘言わないで! ⇒ 陰+10


 ↓

【第三話】「反省?何それ」

屯所に来て数日後。
風呂場でかけ湯をすると、浴びた水は冷水だった。
脱衣所に戻ろうと手拭を体に巻いていると、突然斎藤が竹刀片手に風呂場へ飛び込んできて――!?

<選択肢>
背中をさする ⇒ 陽+12 
様子をうかがう ⇒ 陰+12
 ↓

【第四話】「冷たい刀と温かい手」

(☆スチルあり)

ある日。
庭で洗濯を手伝っていると、突然屯所内が騒がしくなった。
どうやら捕らえた不逞浪士が暴れているらしい。
洗濯を切り上げ部屋に戻ろうとしたその時、背後から見知らぬ男に腕を掴まれ、首元に刃物を突き付けられて――!?

<選択肢>
怖くなかった ⇒ 陰+14
総司くんを信じてたから ⇒ 陽+14

 ↓

つづきは覚醒後!


スポンサーリンク




陽覚醒後


※随時追記予定


陰覚醒後


★4『沖田総司』(装い:巫女との出会い)【陰覚醒】


所属国
幕の国
レアリティ
★★★★
属性
攻撃種別
物理
レベル
50
上限解放
4回
コスト
5
攻撃
889
HP
403
回復
403
スキル
精鋭の剣技
(火珠を4コ爆発珠に変換)
隊長スキル
身ままな天邪鬼
(火属性の攻撃力20%アップ)

※レベルは上限解放前の最大値
※攻撃・HP・回復はLv.50時の値


陰覚醒後台詞(※一部抜粋)


あいさつ-陰-1
まーた、いたずらにひっかかったの?おっちょこちょいだね!
あいさつ-陰-2
土方さんに君をいじめ過ぎだって怒られたんだけど、そんなことないよね?
あいさつ-陰-3
別に構ってくれてもいいよ。僕は平気だから…
詳細画面-陰- いたずらなんて、あいさつみたいものでしょ?
陰覚醒時 さーて、次はどんないたずらを仕かけようかな?
技発動時-陰-ほら、まだまだ遊び足りないでしょ?

※あいさつ2は男子物語(陰)第5話を、あいさつ陰3は最終話を読むと解放される。


陰覚醒後の男子物語


【第五話】「いたずらの標的」

事件後。
総司のいたずらは増す一方だった。
特に最近では、その標的は主人公一人に絞られている。
一日に何度もいたずらを仕掛けられ、ほとほと疲れ切っていたが、彼のいたずらはとどまるところを知らず――?

 ↓

【最終話】「絶対に許さない」

総司の裸を見てしまって以来、総司の顔がまともに見られなくなってしまった。
しかし総司は主人公を追いかけることもからかうこともやめず、主人公の疲れはピークに。
そこで主人公は、総司の本音を知るために、斎藤の助言通り、「屯所を出ていく」と総司に嘘をつくが――?

© GCREST, Inc. 

スポンサーリンク



スポンサーリンク